新型冷え性 対策

原因は、冷たい飲み物や食べ物の摂取

最近新型冷え性と呼ばれるものが流行しています。

 

以前の冷え性というのは冷房の効きすぎによって手足が冷えてしまうという末端冷え性が多かったと思います。

 

ブランケットなどで改善することができたり、冷房の温度を上げることで改善できたのです。

 

しかし、最近は節電の影響で冷房の温度を上げる会社が多くなっています。

 

それによって冷たい飲み物や食べ物を摂取するようになり、それが新型冷え性を引き起こす原因になったのです。

 

冷たいものの摂りすぎによって内臓自体が冷やされてしまいます。

 

それで内臓の機能が低下し、だるさが残ったり、肩こりや腰痛、手足や顔のむくみ、免疫力の低下などが起こっているのです。

 

更に夏場はシャワーで済ますといった入浴方法も新型冷え性を引き起こす原因になっています。

 

入浴することによって全身の血液が温まるので血行が促進されます。

 

しかしシャワーでは身体の汚れは落とすことができても温めることはできないのです。

 

積極的に温かい食べ物、飲み物を摂る

この新型冷え性に対策するためには身体を温めることというのが重要になります。

 

例えば、積極的に温かい食べ物、飲み物を摂るようにするということです。

 

冷たいうどんではなく温かいうどん、冷たいアイスコーヒーではなく、温かいホットコーヒーなど、温かいものを積極的に取り入れましょう。

 

そして夜はできれば入浴するようにしましょう。

 

時間がない時には足だけでも入浴させるだけでずいぶん違ってきます。

 

食事や生活習慣で改善できそうにない時には、漢方薬を摂ることもよいと言えます。

 

冷え性に効くといわれているので、興味のある方は取り入れてみるとよいでしょう。

 

江崎グリコのサプリメントは、20年もの歳月をかけて開発!

年齢が高くなるほど体温は低くなる傾向があります。

 

冷えた生活環境や生活習慣を見直せていますか?

 

健康維持のためには、暖かい体作りが大切です。

 

江崎グリコの「αGヘスペリジン」はすみずみまでめぐり、体の内側からじんわりアプローチします。

 

江崎グリコが20年もの歳月をかけて開発したサプリメントを、これからの寒い季節にいかがですか? 詳細はこちらをクリック!