夏 冷え性 改善

冷房が夏の冷え性の原因

以前であれば冷え性といえば冬の定番といった感じでしたが、最近は夏でも冷え性の方が増えてきました。

 

その原因の一つには冷房があります。

 

最近はどこに行っても冷房が効いた生活になっています。

 

特にオフィスなどでは冷房の効いた部屋で何時間も座ったまま、もしくは立ったまま作業をするという方もいるでしょう。

 

座ったままや立ったままの姿勢だと同じ部分ばかりが冷やされてしまい、更に筋肉が収縮せずに固まってしまいます。

 

それによって血流が円滑に流れなくなり、冷え性が起こってしまうのです。

 

事務仕事をしている方の多くが肩や腰、それから足の冷え性を訴えています。

 

ひざ掛けと身体を動かす

最近はクールズビスが提唱されており、冷房の温度を上げて服装で調整するという会社も増えてきました。

 

それで幾分かは改善された方もいるようですが、やはりひざ掛けなどを持参して足が冷えないように気を付けた方が良いでしょう。

 

それから1時間に1回くらいは身体を動かすことが大切です。

 

同じ姿勢で作業を続けるというのは冷え性だけでなく肩こりなどになる原因にもなるので動かした方が改善されるのです。

 

それから夏だからといって冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂るのはやめましょう。

 

ジュースばかり飲まずに温かいお茶やコーヒーを飲むことで血流が改善されます。

 

アイスクリーム、かき氷、スイカなども夏に食べると非常に美味しいですが食べ過ぎると身体が冷えてしまい、冷え性の原因となってしまうので注意して下さい。

 

江崎グリコのサプリメントは、20年もの歳月をかけて開発!

年齢が高くなるほど体温は低くなる傾向があります。

 

冷えた生活環境や生活習慣を見直せていますか?

 

健康維持のためには、暖かい体作りが大切です。

 

江崎グリコの「αGヘスペリジン」はすみずみまでめぐり、体の内側からじんわりアプローチします。

 

江崎グリコが20年もの歳月をかけて開発したサプリメントを、これからの寒い季節にいかがですか? 詳細はこちらをクリック!