内臓型冷え性 隠れ冷え性 改善

本人が自覚していない冷え性

本人が自覚していない冷え性、隠れ冷え性と呼ばれる疾患があります。

 

これは内臓型冷え性とも言われていて、普通の冷え性よりも非常に厄介なのです。

 

手足の冷えを感じることもなく、比較的寒さに強いのになぜか体調が悪いという時があります。

 

これは内臓型冷え性の可能性が高いのです。

 

内臓型冷え性は免疫力が低下したり新陳代謝も悪くなります。

 

その結果として風邪をひきやすくなったり、便秘になりやすかったり、肌にも悪影響が出てくるのです。

 

新陳代謝が悪くなるのでむくみが現れて、それで更に血流が悪くなったりします。

 

隠れ冷え性の場合には本人に自覚症状がない分、改善するのが大変です。

 

内臓温度が低くなっていることが一つの症状なので、おへその上と下に手を置いて冷たいか否か確認してみるとよいでしょう。

 

おへその上の方が体温が低く感じる場合には内臓温度が低くなっている可能性が高いのです。

 

おなか周りといった内臓を温める

内臓冷え性の場合にはおなか周りといった内臓を温めることで徐々に改善されていきます。

 

ブランケット等を会社にも用意していっておくとよいでしょう。

 

それから冷え性というと女性だけのイメージがありますが、男性でもなりやすい方はいます。

 

男性の場合はブランケット等はやりにくいかもしれませんが、腹巻をするなどして見えない位置で冷やさない工夫をしておくとよいでしょう。

 

腹巻の中にカイロや温湿布を入れておくとなお効果的です。

 

それから男女ともに漢方は非常に効果的です。

 

普段の生活にも取り入れやすい漢方が販売されているので利用してみるとよいでしょう。

 

江崎グリコのサプリメントは、20年もの歳月をかけて開発!

年齢が高くなるほど体温は低くなる傾向があります。

 

冷えた生活環境や生活習慣を見直せていますか?

 

健康維持のためには、暖かい体作りが大切です。

 

江崎グリコの「αGヘスペリジン」はすみずみまでめぐり、体の内側からじんわりアプローチします。

 

江崎グリコが20年もの歳月をかけて開発したサプリメントを、これからの寒い季節にいかがですか? 詳細はこちらをクリック!