末端冷え性 改善

常に血流をスムーズに流れさせておく

冷え性で悩む女性の多くが末端冷え性だといわれています。

 

末端冷え性は手や足の先が冷えてしまうという症状です。

 

中には、かじかんでしまい、夜も眠れないという重度の方までいます。

 

末端冷え性の原因の一つには足の場合には足先の狭い靴ばかり履いているというものがあります。

 

狭いところに指先を押し込む形になるので、神経が鈍ってしまうのです。

 

更に血液も順調に流れなくなります。

 

そもそも足先や指先の血管というのは非常に狭く、ちょっとしたことで狭まってしまいます。

 

それは足先や手先から血が噴出しないことでもわかると思います。

 

血液の流れを止めてしまうとすぐに冷えにつながってしまうので、常に血流をスムーズに流れさせておくことが大切なのです。

 

食べ物によっても改善

冷えないためには温めることが大切です。

 

夏でも靴下を履くように心がける、夜寝る時には手袋をして寝るなど対策すればずいぶんと症状は改善されると思います。

 

食べ物によっても改善することはできます。

 

発汗作用のある食べ物や冷えを改善する食べ物もよいですが、それが食べることのできない場合にはスパイス等で調整することができます。

 

例えばカレー粉であったり、一味や七味唐辛子、山椒など色々なスパイスがあると思うのでそれらを上手に料理に取り入れてみるとよいでしょう。

 

それから漢方薬もおすすめできます。

 

漢方であれば身体の中から悪い部分を改善してくれるので、末端冷え性の原因物質を取り除き、血流改善を行ってくれるのです。

 

江崎グリコのサプリメントは、20年もの歳月をかけて開発!

年齢が高くなるほど体温は低くなる傾向があります。

 

冷えた生活環境や生活習慣を見直せていますか?

 

健康維持のためには、暖かい体作りが大切です。

 

江崎グリコの「αGヘスペリジン」はすみずみまでめぐり、体の内側からじんわりアプローチします。

 

江崎グリコが20年もの歳月をかけて開発したサプリメントを、これからの寒い季節にいかがですか? 詳細はこちらをクリック!