冷え性 予防

身体を温める効果のある食べ物を摂る

冷え性を予防するためには普段からの生活習慣をしっかりと考えておくことが大切です。

 

まず食生活ですがなるべく身体を温める効果のある食べ物を摂るように心がけましょう。

 

身体を温める食べ物としてはまずしょうががあります。

 

しょうがは血行促進効果があり、発汗作用もあるので新陳代謝が高まります。

 

また、風邪の時にしょうが湯などにして飲むと喉の通りをよくしてくれる効果もあります。

 

その他にもゴマやナッツ、納豆など豆類も身体を温める食べ物としておすすめです。

 

ビタミンEが血行促進効果があるといわれているので、ビタミンEの入った食べ物を積極的にとるようにするとよいでしょう。

 

反対に身体を冷やす食べ物、アイスクリームやかき氷、フルーツなどは控えめにしておいた方が良いといえます。

 

夏でも冷たいものばかり飲むのではなく温かい飲み物やスープを摂るようにすると夏場の冷え性を解消できます。

 

生活習慣をしっかりと考える

生活習慣としては夏でも冬でも露出は控えるようにしましょう。

 

特に肩や手足というのは冷やさない方が良いので、夏でもなるべく靴下を履くようにしたり冷房の効いている室内ではカーディガンを羽織るなど工夫すればよいと思います。

 

女性の場合はおなか周りを冷やさない方が良いので、ひざ掛けを利用するなどしてカバーしておきましょう。

 

冷房の冷気というのは下に溜まってしまうので、下半身が冷えてしまうのです。

 

下半身を温めることで生理痛や生理不順なども改善されます。

 

更に漢方を利用してみるのもよいでしょう。

 

身体の中から血流改善が行われるので、体質改善もできるのです。

 

江崎グリコのサプリメントは、20年もの歳月をかけて開発!

年齢が高くなるほど体温は低くなる傾向があります。

 

冷えた生活環境や生活習慣を見直せていますか?

 

健康維持のためには、暖かい体作りが大切です。

 

江崎グリコの「αGヘスペリジン」はすみずみまでめぐり、体の内側からじんわりアプローチします。

 

江崎グリコが20年もの歳月をかけて開発したサプリメントを、これからの寒い季節にいかがですか? 詳細はこちらをクリック!