冷え性 漢方 薬

冷え性の治療の方法として漢方

冷え性の治療の方法として漢方が用いられることは非常に多くなっています。

 

漢方は体質改善を目的にしており、身体の悪い部分を治すことによって冷え性自体の問題を解決することにつなげてくれるのです。

 

元から治すという意味ではとてもにメリットが大きいと言えます。

 

漢方も冷えの種類によって用いられるものが異なっています。

 

例えば手足の先が冷えるといったような末端冷え性の場合には当帰四逆加呉茱萸生姜湯が良いでしょう。

 

これは漢方の古典といわれる中国の古い医書にも記されているもので、しもやけや下腹部の痛み、腰の痛みなどにも効果があるといわれているのです。

 

手足の末梢血管の血流改善を行ってくれるので、スムーズに血流が流れるようになります。

 

それから下半身は冷えているのに顔はのぼせているといったようなタイプの場合には桂枝茯苓丸が良いでしょう。

 

女性特有の症状ともいえるのですが、のぼせだけでなく手足の冷えや生理痛にも効果があるといわれています。

 

のぼせの場合は顔の部分に血液が集中して集まっているために起こっているので、その流れをスムーズにし、全身に血液が回るように調整してくれます。

 

足腰が冷えたり生理不順となっている場合には当帰芍薬散がおすすめされています。

 

貧血気味の方にも処方される漢方薬で、全身の血液の流れを改善させてくれます。

 

冷え性に、江崎グリコのサプリメント

それから冷え性に、江崎グリコのサプリメントというのも販売されていて、口コミなどでは大変な人気となっているようです。

 

冷え性というのはほとんどが血流を改善させることによって治るといわれています。

 

薬によって症状が改善されたら、それを持続できるように生活習慣を変えていくことも大切です。

 

江崎グリコのサプリメントは、20年もの歳月をかけて開発!

年齢が高くなるほど体温は低くなる傾向があります。

 

冷えた生活環境や生活習慣を見直せていますか?

 

健康維持のためには、暖かい体作りが大切です。

 

江崎グリコの「αGヘスペリジン」はすみずみまでめぐり、体の内側からじんわりアプローチします。

 

江崎グリコが20年もの歳月をかけて開発したサプリメントを、これからの寒い季節にいかがですか? 詳細はこちらをクリック!