足 冷え性 改善

足の冷え性の原因

女性が感じる冷え性の中でも特に多いのが足の冷えです。

 

特に足先が冷えるという方が多く、冬場は眠れないほどになるという方もいるようです。

 

足が冷えるというのは足が心臓から最も遠い位置にあるからです。

 

心臓から出た血液というのはまず上半身を巡ります。

 

そして足に行ってそこからまた心臓に戻ってくるのです。

 

つまり、足に到達する頃には出発した時点よりも冷えていることになります。

 

更にそこにむくみなど外的要因が生じて血管が狭まっていれば足に行く血液の量は少なくなります。

 

また、人間には体温調整機能が備わっていますが、それは神経によって伝えられます。

 

その神経が鈍ってしまっていては指令が届かずに足が冷えてしまうという結果になってしまうのです。

 

神経が鈍る原因として足先の狭い靴を履く、ハイヒールを履くなどが挙げられています。

 

ふくらはぎを温めることが有効

足の冷え性の改善方法としてはふくらはぎを温めることが有効だといわれています。

 

ふくらはぎは元々筋肉が少ないため、この部分で血液循環が滞ってしまいます。

 

更に冷やされることによって血管が収縮してしまうので、温めて血管を拡張し、なるべく多くの血液を足の先まで届けることが大切になってくるのです。

 

ふくらはぎを温めるアイテムとしてはレッグウォーマーなどがおすすめです。

 

最近はおしゃれなデザインのものも増えてきたので特別恥ずかしい思いをしなくてもよくなりました。

 

冬でも足を露出している方が多いですが、冷え性が気になるのであればなるべくタイツなどを履いてカバーしておくようにしましょう。

 

江崎グリコのサプリメントは、20年もの歳月をかけて開発!

年齢が高くなるほど体温は低くなる傾向があります。

 

冷えた生活環境や生活習慣を見直せていますか?

 

健康維持のためには、暖かい体作りが大切です。

 

江崎グリコの「αGヘスペリジン」はすみずみまでめぐり、体の内側からじんわりアプローチします。

 

江崎グリコが20年もの歳月をかけて開発したサプリメントを、これからの寒い季節にいかがですか? 詳細はこちらをクリック!